令和元年7月18日、京都市伏見区のアニメ制作会社において、多くの尊い命が失われるという爆発火災が発生しました。このような悲惨な火災の発生を抑止するため消防関係法令が改正され、令和2年2月1日からガソリンを携行缶で購入される方に対して本人確認と使用目的の確認、また販売記録の作成が義務付けられました

1 本人確認(運転免許証など)

2 使用目的の確認(農業用など)


2020年02月01日