平成28年12月、新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を受け、消防法においてこれまで消火器の設置が義務付けられていなかった延べ面積150平方メートル未満の飲食店に対して、消火器の設置が義務付けられることとなりました。

火を使用するすべての飲食店に消火器の設置が必要となりました。

消防法改正の施行日:平成31年10月1日(2019年10月1日)

次のすべてに該当する飲食店は、消防法施行令第10条に基づき、消火器の設置が義務付けられます。

(1)建物の延べ面積が150平方メートル未満の飲食店

 ※ 建物の延べ面積が150平方メートル以上の飲食店につきましては、従前から設置が必要で
  す。

(2)業として飲食物を提供するため、調理を目的としたこんろなどの火を使用する設備又は器具
  を設置している。

 ※ ただし、こんろなどの火を使用する設備又は器具に防火上有効な措置が講じられている場合
  は、消火器を設置する必要はありません。

「防火上有効な措置」とは

調理油加熱防止装置」

 鍋等の温度の過度な上昇を感知して自動的にガスの供給を停止し、火を消す装置

 →Siセンサー等

・「自動消火設備」

 火を使用する設備又は器具の火災を感知すると、消火薬剤を放出して火を消す装置

 →フード等用簡易自動消火装置等

・「その他の危険な状態の発生を防止及び発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置」

 過熱等によるカセットボンベ内の圧力の上昇を感知すると、自動的にカセットボンベからのカ
セットコンロ本体へのガスの供給を停止し、火を消す装置

 →圧力感知安全装置等


2019年10月01日